電波障害の対処は業者によるテレビアンテナの電気工事で解決できます

電波障害によるノイズの障害について

作業員

テレビを見ているとたまにテレビにノイズが走ることがあります。ここでは、地デジアンテナの際に発生する電波障害(ノイズ)の基本事項について紹介しましょう。

地デジ放送の画面に生じるノイズの種類

ブロックノイズ
ノイズの中でも特に多いのが、ブロックノイズです。これはテレビ画面に長方形型のノイズが発生し、映像が見えにくくなるというものです。ブロックノイズの原因は、テレビアンテナの電波障害が主な原因になります。電波障害によって電波の伝送速度が遅れることによって発生します。よって、伝送速度の改善を行えばブロックノイズは発生しなくなります。
バーストノイズ
ブロックノイズの他にも多いのが、バーストノイズです。こちらは画面wの一部が停止状態になってしまうノイズです。ブロックノイズとは違い、バーストノイズの主な原因は電力不足やパソコンやゲーム機など他の電波を発する機械が原因だとされています。そのため、対処方法はテレビアンテナの工事ではなく、このトラブルの原因となる機械を使用しなかったり遠ざけたりするといった手段が有効となります。

テレビアンテナは電気工事業者に取り付けてもらう

笑顔の男性

テレビアンテナは、電気工事の業者によって取り付けることになります。電気工事業者にテレビアンテナの取付工事を依頼した場合、次のような流れで作業が進んでいきます。

電気工事業者に依頼しましょう

電気工事業者にアンテナの取付工事を依頼

家に新たにテレビアンテナを取り付ける場合は、まずはアンテナ工事の業者に依頼しましょう。インターネットで検索すれば多くの電気工事業者が見つかるので、その中から吟味して業者を選び、電話もしくはメールフォームにてテレビアンテナの取付工事の依頼をします。なお、古いアンテナを新しくする場合はその旨も併せて伝えましょう。

見積もりと契約

依頼後、作業員が実際に屋根の状態や工事方法などをもとに見積もりを提示してきます。提示された見積もり内容に問題なければテレビアンテナの取付工事を正式に依頼します。基本的にテレビアンテナの取付工事は基本工事のみですが、オプションやパックサービスなど業者のサービスを依頼したい時は依頼の電話をする時にその旨を伝えていれば見積もりの提示がスムーズになります。

施工を行い点検して終了

依頼をし、見積もり内容に問題がない場合、希望日に業者の人がテレビアンテナの取付工事を行いに来ます。全ての工事が終了すれば施工は完了です。料金を支払い、全ての工程が終了となります。作業終了後に業者の人から取り扱いやアフターサービスに関する詳しい説明をしてもらえるので、わからないことがあったらこの時に聞いておきましょう。

アンテナの電気工事は危険

テレビアンテナの取付工事を自力で行う人がいますが、これはあまりおすすめ出来る方法ではありません。というのも、テレビアンテナは基本的に屋上に取り付けるため、屋上から転落し、大怪我を負う可能性があるからです。それだけではなく、電波の送受信の確認などに専用の工具を使わなければならないものが多いため、素人が行うよりも電気工事業者に依頼したほうがメリットは多いのです。

TOPボタン